top of page

ESG/SDGsデータの集計・見える化・開示・経営への実装をワンストップ

TERRAST for Enterprise (T4E)  は、ESG/SDGs経営業務を高度化するDXツールです。日々の業務改善から経営戦略の策定・推進までを支援します。

t4e-top-items.png

パートナー・メディア掲載・受賞実績

bg_edited_edited.jpg

私たちが

選ばれる3つの理由

01

だれでも始めやすい

非財務データ収集ツール

02

手軽に始められるサービス

(自社のESG/SDGs見える化)

03

ESG/SDGs経営可視化後の

経営実装まで一気通貫

problembg.png

非財務データの開示が求められているが、何から始めたらよいか分からない

reason-3_edited.jpg

まずは手軽にでESGスコア診断

ブランド力向上顧客基盤拡大優秀な人材確保など、ESG/SDGs経営を推進すると事業へのメリットがたくさん。まずはESGスコア診断からあなたの企業の現在地を確認しましょう!

problembg.png

SDGs宣言書を作ったが、定量化できていない

非財務データの収集・分析に膨大なコストがかかっている

Data on a Touch Pad_edited_edited.jpg

データ収集・入力時間短縮

今まで社内に散らばっていたデータを

一つにまとめ、他システムとデータ連携カスタム項目の設計も可能です。収集、管理にかかる時間を圧倒的に短縮しながら、ESG/SDGs経営を継続します。

problembg.png

海外や投資家からの開示圧力、長期安定投資家の確保を強化したい

非財務データをどう事業経営戦略に繋げるのか、活かし方が分からない

reason-1_edited.jpg

経営戦略策定・推進を支援

T4Eで非財務・ESG /SDGs関連データが一元管理され、定点観測が行いやすくなります。あなたの企業のESG状況を可視化しながら、最適なESG/SDGsソリューションを提案します。

ESG/SDGs経営にこんなお悩みがありませんか

だからこそ解決できる未来があります

Abstract Pathway_edited.png

ESG/SDGs経営推進する幅広いメリット

ブランド力・信用力の向上

ESG/SDGs経営の認知度が急速に高まるなか、消費者も敏感になり、企業間取引においても取引先選定などで意識されつつあります。社会、環境、人的資本などに配慮した「ESG経営」を推進し、透明性の高い経営状態を維持することで、企業価値の向上や企業の中長期的な成長力に繋げることができます。

顧客基盤の強化・拡大

顧客の信頼を集めることにより、ロイヤルカスタマー化・LTV(ライフタイムバリュー)の向上化に繋がります。また共感を生む活動を通じて、顧客基盤を拡大し、環境や社会に配慮された製品・サービスを展開することにより、新たな付加価値及びプレミアム化につながる可能性もあります。

優秀な人材を惹き付け

「エシカル就活」という言葉も広がりつつある現代において、就職者も企業のESG活動に非常に敏感になっています。また従業員が働きやすい環境を企業が率先して整えることにより従業員満足度が向上し、取り組みを開示・広報発信することで魅力的な人材をより多く惹きつけることが可能となります。

サプライチェーンを通じた社会価値創造

昨今、サプライチェーン全体で地球環境の保全や社会の持続的発展に取り組む必要性と重要性が高まっており、企業による「ESG/SDGs経営」はその基軸とされ、遵守しないプレイヤーは将来的に淘汰される可能性があります。非財務データの分析・開示を通じ、持続的な調達活動を行える基盤を構築することができます。

\簡単な質問でESGスコアを体験できます!/

最短 分のカンタン入力 !

簡易診断するにはアカウントの登録が必要です。

4つの特徴

left-container_edited.jpg

POINT 1

まずは手軽に始められる
非財務データを簡単に収集・管理
気軽にESG/SDGs経営状況を可視化

TERRAST for Enterpriseでは、自社のESG/SDGsの可視化のためのデータ入力プロセスをDX化することが可能です。アナログになりがちなデータの収集・入力を省力化させることで、これから非財務データの収集を始める方にも優しい設計をご用意しています。
(一部開発予定の機能を含みます)

point1.png
left-container.png

POINT 2

非財務データを
サマリーで可視化
分析をもっとカンタン

非財務データ分析の専門知識がない担当者でもわかりやすい操作性で、蓄まったデータの可視化・分析がカンタンにできます。組織課題の発見やESG/SDGs施策の評価も行いやすくなります。
(一部開発予定の機能を含みます)

point2_img.png
left-container_edited.jpg

POINT 3

一元管理される非財務データで
定点観測・分析​が可能に

各スコア/個データが一元管理され、時系列で比較しながらESG/SDGs施策の評価・分析が容易にできます。
(一部開発予定の機能を含みます)

piont3_img.png
Abstract Architecture_edited_edited.jpg
left-container.png

POINT 4

次のESG/SDGs経営
戦略策定・推進をサポート

非財務データから課題を分析し、マテリアリティの設定や次に打つべき最適なESG/SDGsソリューションを提案します。(外部パートナーとの連携あり)
(一部開発予定の機能を含みます)

point4_img.png
実績
bg_edited_edited.jpg

パートナー・メディア実績

nikkeiaward.png
StartupCity_logo.png
SAP_logo.png
miraix_logo.png
Frame 19667.png
forbes_logo.png
nikkei_logo.png
Frame 19666.png
Frame 19665.png
inui_logo.png

料金プラン

基本プラン

非財務データの基本管理機能

お見積り

・ESG/SDGsの可視化サービス

・データ連携
・データ入力・管理機能
・データの定点観測
・スコアリング

プラス

ESG経営に必要なプラス機能搭載

お見積り

・マテリアリティ設定

・目標設定
・アクションプラン設定
・他社データ閲覧・比較機能
・ESG格付シミュレーション

アドバンス

ESG経営戦略策定、推進サポート機能

お見積り

・各種ソリューションモール

・レポーティング(TCFD)
・レポーティング(CDP)
・サポートサービス
・SDGs採用支援機能

T4

料金プラン
共用ワークスペース

お見積り依詳しい相

されたい場合はこちら

屋外でのミーティング

会社案内機能詳細資料はこちら

ダウンロードしてお使いください

利用までの流れ

ご利用までの流れ

STEP
01

​アカウント登録

スムーズにご利用いただくために、必要なアカウント発行やご案内をいたします。

まずはお問い合わせください。

STEP
02

メールアドレスの確認

ご登録のメールアドレスに確認のメールが届きます。

メール内の確認ボタンをクリックしていただき、メールアドレスの確認を完了します。

STEP
03

​登録承認メール通知、利用開始

登録情報の確認が完了しましたら、ご登録のメールアドレスに登録承認のメールが届きます。

(基本プランの場合は、原則として登録承認前に営業よりご連絡させていただきます。

​設定されているログイン情報でサービス利用開始できます。

  • Do I have to pay to use the service?
    As of June 2023, only the free version is provided.We are planning to develop a paid version in the future, and it will be possible to switch to the paid version on the system.
  • How long does it take to get a diagnosis?
    After completing the non-financial data input, the algorithm calculation will run and the calculation will be completed in about 30 minutes maximum.
  • How many questionnaire items are there?
    There are about 60 to 100 items depending on the purpose of initial setting.
  • Who will the diagnostic results be disclosed to?
    Diagnosis results will be disclosed only to users. For details, please check the terms of use on the registration screen.
  • What is your evaluation method?
    Evaluation indicators are items tuned for Japanese companies while complying with international frameworks such as IIRC, GRI, SASB and SDG Compass. In addition, the evaluation method uses machine learning modeling to introduce different weights for each industry and theme, and adjusts and processes them so that they can be compared with other industries and other companies.In addition, evaluation indicators and evaluation methods will be continuously updated in a timely manner in response to changes in market conditions and social conditions. Evaluation indicators are items tuned for Japanese companies while complying with international frameworks such as IIRC, GRI, SASB and SDG Compass. In addition, the evaluation method uses machine learning modeling to introduce different weights for each industry and theme, and adjusts and processes them so that they can be compared with other industries and other companies.In addition, evaluation indicators and evaluation methods will be continuously updated in a timely manner in response to changes in market conditions and social conditions. Sustainability Score Calculation Procedure 1. Since non-financial indicators are oriented differently, they are adjusted. (e.g., smaller CO2 emissions are preferable, larger waste recycling rate is preferable) 2. Convert each non-financial indicator into a ratio to a financial indicator according to its nature to allow for inter-company comparisons regardless of the size of the business. (e.g., CO2 emissions → CO2 emissions per unit of sales) 3. For each indicator, we calculated the deviation within the industry (using the GICS 69 industry classification). 4.We determined the weight of each non-financial indicator according to the disclosure rate within the industry, the common usage ratio of various sustainability frameworks (GRI, SASB, etc.) and ESG evaluation organizations, and derived each materiality score by weighted average. 5. Sustainability scores are derived by determining the weight of materiality scores for each industry based on various sustainability frameworks and the materiality maps of ESG evaluation organizations. For example, energy and manufacturing industries place more emphasis on environment-related indicators, while industries with strict global regulations, such as finance and healthcare, place more emphasis on governance-related indicators. SDG Score Calculation Procedure 1. 1-3 are the same as for the Sustainability Score. 2. The weight of each non-financial indicator is determined according to the disclosure rate within the industry and the common usage ratio of various sustainability frameworks (GRI, SASB, etc.) and ESG evaluation organizations, and each 17 SDG target score is derived. 3. Sustainability scores are calculated using the same weights for all 17 SDG target scores
  • In what format are diagnostic results provided?
    You will receive a calculation completion notification email, and you will be able to check it on the system. In the future, we plan to link with PDF output and external systems.
  • How can the diagnostic results be used?
    You can use the diagnostic results for internal and external stakeholders.
よくある質問
コーポレートビルディング

Case Study

ESGに関するレポート、ソリューションの活用事例などをご紹介しています。

非財務・ESG関連データを収集、管理、分析ツール

関連サービス

運営会社

sustainableLab_logo.png

サステナブル・ラボ株式会社

100-0004
東京都千代田区大手町1丁目6-1
大手町ビル 4 階
FINOLAB 内
  • Twitter
  • LinkedIn
bottom of page